うつ病になったきっかけ

私がうつ病になったのはちょっとしたきっかけからでした。

職場の環境に馴染めなくて、上司からきつく当たられてパワハラを受けてました。

あからさまな意地悪ばかりの毎日、その悩みから不眠の症状が出る事から始まりました。

過食や拒食を繰り返して、上司に嫌な態度をされるとその苦しさから頭痛や吐き気など勤務中に襲われました。

何をしても辛く当たられて、ついに出勤できなくなりました。

私はなんてダメな人間なんだろうと、とてつもない無力感に襲われました。

こんなダメな私は生きてるだけで迷惑かけてしまうとまで落ち込んでしまい、毎日死ぬ事ばかり考えてました。

職場が恐くて、人に対して不信感を持ってしまい、仕事を辞めてからも働けなくなってしまいました。

その時に誰かにすがりたくて、苦しくて仕方なくて初めて心療内科に行くことにしました。

親からは理解を得られずに藁にもすがる重いで病院に行ったのを覚えています。

そこで診断された結果はうつ病でした。

とにかく無理をしないで、自分に優しくして薬を飲む事を言われました。

薬を飲むのは抵抗がありましたが、少しづつ眠れるようになったりしてきました。

そこから数年かけて働けるまで回復しました。

時間はかかるけど症状は楽になってきます。

死ぬくらいなら病院にぜひ行ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です